*

阿弖流為 礼真琴

公開日: : 最終更新日:2019/02/07 ブログ記事, 出演舞台, 星組, 礼真琴

 

結局阿弖流為の梅田ドラマシティ公演の観劇は初日の一回限りでしたがまあ庶民としては一回だけでも見れてありがたいことです。もう梅田千秋楽も終わってしまいましたがことちゃんの活躍ぶりを思い出したいと思います。

 

まずは出番が多い。

主演ですから当たり前とは思いますが特に「かもめ」では出番が少なくてちょっと残念でしたらからね。(でもかもめは大好きな演目です。)今回はしっかりと主演として真ん中でたくさん演じてくれました。

 

登場の仕方。

大野先生の作品をいくつか見て最初から阿弖流為は出てこないだろうとは予想していましたがその通りでした。

今回は物語のキーマンになる紀 広純と鮮麻呂がこの先の物語のエピローグを作ってました。

そして鮮麻呂に紹介してもらう形での阿弖流為登場です。センターでスポットライトを当たっての登場。ことちゃん、かっこよかったです。

そしてあの爆踊りからのソロと続きます。あの踊りは騎馬隊をイメージしてるんですよね。蝦夷といえば騎馬隊ですから。

爆踊りのセンターで踊るときフォーメーションを組んでセンターに出てきたとき客席に向かって「ニヤッと」笑いましたよ。見逃しませんでした、あの笑顔。初日から余裕あるなあって思いました。

ダンスのキレはいうまでもありませんがバックの蝦夷メンバーも負けじと頑張ってました。今回ダンサーが多いのはやはりそういうメンバーを選んだってことでしょう。あやなくん、ヒーロー、ぴーすけ、みんなダンスがうまい。今回はダンスと殺陣の見せ場が多いのでこのメンバーで本当によかった。

その後のソロも会場に響き渡っていました。

が、僕は歌い方?がちょっと自分のイメージとは違う気がしました。確かにお腹からしっかり声を出している、太い、重い、しっかりとした発声のような感じなのですが僕はロミジュリのころのようなストレートに素直に出す歌い方が好きです。

ショーヴランから発声を変えたようなことを何かで聞きましたが、、、

大きな声量で楽々歌ってることちゃんが好きなので僕個人的にはイメージが違います。

 

飛良手との場面がしっかりと描かれていました。

このエピソードは必ず入れてほしいとは思っていましたが正直ここまでしっかりと描かれるとは思っていなかったのでうれしいです。やはり大野先生もこのエピソードの重要性をわかってくれていたのでしょう。

これによって蝦夷がひとつに団結して、さらに阿弖流為が蝦夷の長としてやっていく流れがよりよく表現されていました。

阿弖流為が飛良手を馬に乗って追っかけていく様をどのようにやるか興味がありましたが映像でしたね。あれは正解だったでしょう。スピード感がよく出てました。

あそこの阿弖流為のソロからの合唱、演技がよかったなあ。もうあの段階で涙腺崩壊でした。男の友情に弱いんですよね。「俺が連れてってやる!」かっこよかったなあ。

 

一幕ではあと佳奈との場面。

大きく広げた阿弖流為の手の中に飛び込んでいく佳奈。その佳奈を高く高く抱き上げる阿弖流為。とても楽しそうでいいコンビだなあと。もうそのままコンビ組んじゃえばって思いました。お二人のスケール感が抜群にいいんですよね。声質もあってるし、みほちゃん芝居うまいし。

 

2幕はやはりいーちゃんが「死んだことにしてくれ」って言う場面ですよね。

その理由が原作と違っていて僕は違和感があるのですがそれを差し引いても泣ける場面です。男役最後の役でいーちゃん、かっこよかったなあ。今までこれだけガッツリといーちゃんの芝居を見たことがない気がしますがこの芝居を見ると娘役転向はちょっと残念ですね。

 

田村麻呂との一騎打ちはおそらくあるだろうとは予想していましたが、どうだったんでしょうか。僕はあまり感動しなかったです。

原作では実際阿弖流為と田村麻呂はまともに戦ってないんですよね。田村麻呂が征夷大将軍になってからの戦いでは阿弖流為は意図的に蝦夷を朝廷側(田村麻呂)に救わせようと画策してますから。もちろん一騎打ちもありません。

宝塚的にはあったほうが盛り上がるのでしょうがあまり迫力なかったかな。特に簡単に降伏する場面。確かにそうなんですけどあまりにもあっけなくてもう少し演出の仕方があったような気がします。

 

そして最後のエンディング。

佳奈をもう一度高く高く抱き上げる阿弖流為。こういうほっとさせる温かい終わり方も大野先生の特徴なのですかね。とても後味のよいエンディングでした。

 

フィナーレでのこちゃんとみほちゃんのデュエットダンスも綺麗でした。絶対やると思っていたリフトもちえさんを思い出させる高速リフトでした。7,8回は回りましたかね。全くぶれない体幹で見事でした。

 

もう間もなく新青年館公演が始まります。僕は初日には行けませんので初日はみなさんのレポ待機です。短い休養でしたがリフレッシュできたでしょうか。さらに進化した阿弖流為が東京で見れることを楽しみにしています。

 

 

 

 

Sponsords Link

関連記事

no image

TAKARAZUKA REVUE 2015(DVD付) 7/23発売

TAKARAZUKA REVUE 2015(DVD付)が 7/23に発売されます。  

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

20190313
ことちゃん(礼真琴)主演作予想?妄想?願望

  花組のみりおちゃん(明日海りお)の退団も発表されい

20190312
花組トップ明日海りお退団へ 一つの時代が終わる

  とうとう発表されました。 年数的にも次の公演

20190227
月組次回公演はオーストリアミュージカル「I AM FROM AUSTRIA」

  月組次回公演の演目が発表されました。 &nb

20190129
星組 ひっとん(舞空瞳)組替え 次期体制を考える

  ひっとん(舞空瞳)が星組に組替えの発表がありました

20190220
星組全国ツアー ポスター キラキラ!礼真琴

  星組全国ツアー「アルジェの男/ESTRELLAS(

→もっと見る

  • 星組全国ツアー初日まで
    あと 46 日 12 時間 13 秒

  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑