*

ことちゃん(礼真琴)のお嫁さんを考える

公開日: : 全般

 

まだまだそんな時期ではないですがことちゃん(礼真琴)のお嫁さん候補を考えてみたいと思います。

 

まずはこれまでの主演演目での相手役は

ロミジュリ 城妃美伶
ナポレオン 妃海風
かもめ   城妃美伶
黒豹の如く 綺咲愛里
鈴蘭    真彩希帆
阿弖流為  有沙瞳

 

お嫁さん選びのポイントはいろいろあると思いますが、見た目のバランス、歌、ダンス、芝居、、、

 

見た目のバランス

こう見るとみほちゃん、みれいちゃん以外は娘役としてはそれなりに身長のある相手役が多いです。

でもふうちゃんにしてもあーちゃんにしてもきいちゃんにしても、見た目のバランスが悪いと感じたことはなかったです。

あれ以上大きくなっちゃうと厳しいでしょうが、背の低いことちゃんが見た目で相手役の身長をそれほど気にしなくていいのは(不思議ですが)相手役選びにはプラスだと思います。ただみほちゃんぐらいの身長だとすっぽり腕の中へ収まる感じで、ぴったりではありますが。

できればあまり大きくないほうがいいとは思いますが、このように割と誰がきてもおかしくはならない気がしますので、ここはそれほど心配していません。

 

歌唱力

これは相当重要です。というか僕のお嫁さん選びのポイントでは一番ですね。

歴代の相手役は幸いみんな歌がうまい人が多かったので当たり前になっていてあまり意識してなかったですが、やはりデュエットは二人の綺麗なハーモニーを聞きたいです。

鈴蘭でのきいちゃんとのデュエットはよかったですし、最近では雪組のだいもん、きいちゃんの歌を聞くとトップ二人が歌がうまいと観劇の満足感が全然違います。

 

ダンス力

ダンスのうまいことちゃんですから当然ダンスがうまい相手役が望ましいです。が、これについてはあまり重要視していません。もちろんあまりにもドタドタしたのはダメですが普通以上であれば十分です。

人によるでしょうが歌よりダンスの下手さはわかりませんからね。少なくとも僕はあまりわかりません。ただし二人共ダンスがうまいトップだと「振り」もその実力に合わせて高度なものになるでしょうから、そういう意味では相手役もうまいほうがいいデュエダンを見れるので、うまいに越したことはありません。

 

雰囲気

身長差などのいわゆる見た目、バランス以外に二人の「雰囲気」も大事ですよね。

童顔で若く見えることちゃんには、小柄で可愛い系の相手役がいい気がしますが、一方姉さん女房的なしっかりものの娘役さんとのコンビもちょっと見てみたい気もします。

どちらにせよお互いが信頼しあっている雰囲気のコンビになってくれたら見ている方も嬉しいですよね。

 

では、具体的に誰が候補になりえるか?ですが、今はまだその時期ではないのでもう少しその時まで待ちましょう。

 

 

 

 

Sponsords Link

関連記事

2018coto

宝塚の至宝 礼真琴 だけど、、、

  星組台湾公演も無事終わってことちゃん(礼真琴)の次は年末のタカスペそして来年正月

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

2018coto
霧深きエルベのほとり キャストボイス 礼真琴

  霧深きエルベのほとり キャストボイス &nb

2018coto
ことちゃん(礼真琴)お誕生日おめでとう!!

  ことちゃん(礼真琴)お誕生日おめでとう!!

2018coto
演出家 中村暁が語る スーパー・レビュー『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』の見どころ

演出家 中村暁が語る スーパー・レビュー『ESTRELLAS(エストレ

2018coto
2019年 公演ラインアップ【全国ツアー公演】<2019年5月・星組『アルジェの男』『ESTRELLAS ~星たち~』> 主演 礼真琴

  さていよいよ全国ツアーの主演にことちゃん(礼真琴)

2018coto
宝塚の至宝 礼真琴 だけど、、、

  星組台湾公演も無事終わってことちゃん(礼真琴)の次

→もっと見る

  • 星組全国ツアー初日まで
    あと 141 日 9 時間 10 分 29 秒

  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑