*

星組ロミジュリ観劇しました・・・礼真琴はやはりただものではない!!

公開日: : 最終更新日:2019/02/06 ブログ記事, 出演舞台, 星組, 礼真琴

 

星組ロミジュリ 6/1 15時公演を観劇しました。
初日に観劇したかったのですが、平日ということで
土曜日の2日目になりました。
欲をいえばいい席で見たいのですが、今後のことも
考えるとそうも言ってられず、当日B席ねらいで
またバスの時間の関係もあって大劇場に11時前ごろ到着。
チケットカウンターに行くと、すでに11時公演は完売で
立ち見を発売中。
15時公演も全て売り切れで、S補助席が数席あるだけ。
あぶないところでした。ロミジュリを甘く見ていた。
結果、高い出費となりましたが、補助席でも結構前なので
よく観れました。

さて感想ですが、礼真琴氏中心、いやかなり、ことちゃん寄りの
レポになることはお許しください。

・作品全体の感想

今回は星組として3年前の公演の再演となるわけですが、
作品として見たとき、これは「別の作品」と思います。
前の公演からどこが変わったとか、同じとか、そういう
議論は全く無意味です。

今回のロミジュリは「前回とはの演目」です。

これは、一つにはキャストが違う部分も大きいと思いますし、
またほんとうのところはわかりませんが、演出家やまた
ちえさんが新しいロミジュリを作ろうとしたのかも
しれません。ほんとうはそこのところの真相を知りたい
ですが。

具体的には、ロミオの役作りが非常に若い。3年たっている
のに、逆に若くなっている。この役作りができるところが
ちえさんのすごいところでもあるのですが。
対して、ジュリエットはより大人の役作り。
それでいて、ねねちゃんの独特のオーラは健在です。
なので、ロミオとジュリエットの関係が、とても新鮮で
新しく感じられます。

さらに今回、ベンヴォーリオとマーキューシオがとても
若いキャラなので、ロミオとベンとマキュの関係が
仲のいい3人組、それもロミオを中心とした、ロミオが
他の2人を思いやっている気持ちがより強い感じが
しました。その思いが強いからこそ、ベンとマキュの
ロミオへの愛情もより強く感じられるのだと思います。

観る前はどうしても前回と較べてどうなのだろうと
いう思いが強いので、たとえば、ベンにしても
ことちゃんに、とよこさんのあの「渋さ」が出るのだろうか
とか、考えていましたが、それは全くの愚問なのだと
思います。
今の星組で表現できるロミジュリをみんなで考え、作り上げ
完成させたのが、今回のロミジュリなのです。
そういう意味では、個々人の役作りや出来もすごいですし
組全体のパワーや作品としての完成度もすごいと思います。

1幕は乳母の歌に号泣し、2幕はジュリエットが薬を飲む
場面でことちゃんが登場し「目を覚ませ!」って言うあたり
から涙腺崩壊、最後まで号泣でした

 

 

 

 

Sponsords Link

関連記事

20160202

星組バウホール公演 鈴蘭(ルミュゲ) スカステ千秋楽映像

  スカイステージで鈴蘭の千秋楽映像が流れました。   気のせ

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

20190412
星組『GOD OF STARS-食聖-』 稽古場情報 プロローグは西遊記

  星組『GOD OF STARS-食聖-』 稽古場情

19003835_p
アンナ・カレーニナ 韓国ミュージカル ブルースクエアで観劇

  韓国ソウルのブルースクエアでアンナ・カレーニナを観

20190412
星組『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図 ことちゃんとひっとんの関係は?

  星組『GOD OF STARS-食聖-』の人物相関

20190220
星組全国ツアー アルジェの男 稽古場風景

  星組全国ツアー アルジェの男 稽古場風景がスカイス

20190313
星組次期トップに礼真琴、トップ娘役に舞空瞳 プレお披露目公演はロックオペラ モーツァルト

  ことちゃん(礼真琴)ファンにとっては今日2019年

→もっと見る

  • トップ就任まで
    あと 108 日 15 時間 53 分 38 秒

  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑