*

中日スポーツに星組 礼真琴

公開日: : 最終更新日:2019/02/12 ブログ記事, 出演舞台, 星組, 礼真琴

さあ、いよいよ明日はちえねね卒業の日。

ちえねねファンのみなさんはもう落ち着かない日々をずっと送ってこられたことでしょう。

 

そんな今日、中部地方の中日スポーツに我らが贔屓、礼さん(礼真琴)の記事が載りました!

これツイッターで教えてくれた人がいて、仕事帰りに新聞店で買ってきました。ありがとう!

関西の新聞に宝塚の記事が載ることはよくありますが、中日スポーツに記事が載ることはめったにありません。

おそらくちえさん退団のこの時期だから掲載したのでしょうか。なぜなら記事のタイトルが『星組 礼真琴 トップ柚希への感謝胸に新人公演主演』ですから。

今頃新人公演主演の記事も変ですから、ちえさん退団に合わせたのでしょう。でもファンとしてはとてもうれしい。それも写真入りですからね、大好きな海賊ソルの写真。

20150509chunichisport

『柚希さんの貫禄には近づくことができない日々が続いた』

今回の新人公演の主演にはいろんな思いが交錯していたようだ。最後の最後だけに相当なプレッシャーと不安があった。 柚希さんの貫禄には近づくことができない日々が続いた。

そりゃ、ちえさんの貫禄にはそう簡単には近づけないでしょ。というか一回りも年齢が違うちえさんに近づこうとすることに無理がありますよね。

でも『近づくことができない日々が続いた』ってことは、ことちゃんはなんとか近づこうとしたということですよね。結果はどうあれ、『近づこうとした』ことが凄いと思う。

 

『50歳ぐらいのつもりでやれば』

スペイン海軍大佐アントニオとしての振る舞いはまさしく大人の男。柚希からは『50歳ぐらいのつもりでやれば』と助言された。

これは初めて聞きました。『50歳ぐらいのつもりで』なるほど。

どうしても若く見えますからね、ことちゃん。50歳とか具体的にアドバイスされるとよりわかりやすいのでしょうね。このあたりもちえさんの教え方が上手なのでしょう。

 

『星組をちゃんと引き継ぎたい』

新公の最上級生を送り出す感謝の思いも重なった。『星組をちゃんと引き継ぎたい』との決意は日増しに高まっている。

こういう言葉を聞くと「ああいつまでも下級生じゃないのだな」とか「男役として星組を引っ張って行ってくれそう」とか感じられてうれしい。

 

『またがっつり男役に戻って黒エンビを着れたのがすごくうれしい』

スカーレットでがっつり娘役をやったので男役に戻れてうれしいと。はい、正直な思いでしょう。劇団はここのところをしっかりと考えてあげてほしい。

 

ちえさん退団のこの時期にこのような記事がでるということは『礼真琴はちえさん退団後の星組の将来をまかされている』と素直に喜んでいいのではないでしょうか。

これからの礼さんの活躍に期待したいと思います!

Sponsords Link

関連記事

20161211

紅ゆずるさんVS礼真琴さん カフェブレイクトーク

  紅ゆずるさんVS礼真琴さん カフェブレイクトークが12/9に放映されました。

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

20190412
星組『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』 初日観劇感想3

  星組初日の感想の続きです。 ショー『Écla

20190412
星組『GOD OF STARS-食聖-』 初日観劇感想2

  星組『GOD OF STARS-食聖-』 初日観劇

20190412
星組『GOD OF STARS-食聖-』 初日観劇

  星組『GOD OF STARS-食聖-』 初日観劇

D_G3rxUU4AA811N
星組『GOD OF STARS-食聖-』稽古場風景

  星組『GOD OF STARS-食聖-』稽古場風景

20190412
小柳奈穂子が語る『GOD OF STARS-食聖-』の見どころ リー・ロンロン(礼真琴)の人物像は

  小柳先生が語る『GOD OF STARS-食聖-』

→もっと見る

  • トップ就任まで
    あと 85 日 5 時間 49 秒

  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑