*

星組全ツ 大海賊 初日観劇 礼真琴

公開日: : 最終更新日:2019/02/12 ブログ記事, 出演舞台, 星組, 礼真琴

星組全国ツアー公演 大海賊/Amour それは 初日を観劇してきました。

 

さて我らが贔屓、礼さん(礼真琴)の感想です。

男役 礼真琴を楽しめる!

ことちゃんがとにかく楽しそうに歌い、踊っていました。それが何よりも嬉しいし感激しました。

いや今までが楽しそうじゃなかったわけではないですよ。たとえばロスグロのパット君なんかぴったりはまり役でよかったですが、今回特にショーでは表情が生き生きとしていました。

やっぱり礼真琴は男役だと確信しました。

 

立ち位置は3番手ポジ

芝居でのキッドも北翔エミリオとの対決シーンもあり、海賊全体の中心的存在で出番、台詞も多い。

またショーでは宙組版の北翔さんポジそのままでショーの構成も全く同じなので(一つだけ変更シーンあり)まさこさんとことちゃんが北翔さん、風ちゃんの両側にいることが多く、ほとんどセンター付近で出ずっぱりです。

 

キッドの役作り

まず衣装は黒のパンツに黒のブーツ、ネイビーブルー?のシャツ、頭には赤の細い布?を巻いて海賊っぽくしていました。

ここまでは共通で、最初のころ(エミリオが流れ着いたころ)は赤のベストを羽織ってました。

5年後はベストの代わりにシャツより少し濃い青のコートみたいなスカートみたいな(あれはなんて言うんでしょうか)のをざくっと羽織ってさらに腰に赤の布をまいていました。

特に前半の赤と青の感じが好き。

ことちゃんにぴったり合っていました。

髪は栗色?の長い髪で両サイドに髪があってことちゃんのトレードマークの丸顔がなくシュッとしてました。

まあこれは痩せて顔が細くなったこともあると思いますが、ショーではもう少し丸く感じたので髪の効果も大きいのかな。だからとても精悍に見えます。

喋り方や態度も大人の男を意識しているように感じました。

 

歌について

ことちゃんの歌が素晴らしいことは今更言うまでもありませんが、僕がすごいといつも思うのは、毎公演その歌が進化していることです。

前々回の新公ロスグロではその声量のお大きさ、進化に驚き、前回の新公黒豹では感情を表現した歌い方に驚き、そして今回は、もう自由自在に歌っていました。

ただし基本ことちゃんのいいところはへんに癖をつけない素直な発声だと思いますがそれはそのまま活かした上でです。

文章にするのはとても難しいのですがわかりますか?

ソロは芝居では中盤に海賊たちが歌う場面で少しと、アンに告白する場面でアンが去ったあとで独り残り気持ちを歌い上げます。

ショーではソロはたくさんありますが、特に夢アモールの場面、スパニッシュ風の風ちゃんとのデュエットの後、北翔さん登場後ことちゃんのソロ〜北翔さんに歌い継ぐ。

ここの歌はもう鳥肌ものですよ。

北翔さんも歌は相当うまいと思いますが、ここではことちゃんの歌が一段すごいです(北翔さんファンの方すいません)。

ひとつ注文は、アンとの場面でのことちゃんのソロ。歌詞も忘れてしまいましたがたぶん振られて寂しい内容だったからか、なんとなく静かに歌い終る感じで、拍手がしずらかった。

歌い終わりはグッと盛り上げてスパっと終るメロディにしてもらうと歌い終わってはけていくときに拍手しやすい。音楽の先生にお願いしたい。

 

少しだけ注文

芝居、ショーとも男役度はかなりアップしてきたと思います。

しかし芝居でいうと、まだまだ一本調子のところがあるし子供っぽいところがある。

『なにをやっても礼真琴』

今回北翔さんを見てさらに感じました。北翔さんはいわゆる『役者』だなって。

この違いは何なのかは僕にはよくわかりません。台詞の言い方なのか、声の出し方なのか表情の作り方なのか、、、

役になりきるというか、同じ役でも喜怒哀楽を的確に表現するというか。。

ちえさんを目標にある意味真似てきたからかな。ちえさんも役者ではなく『なにをやっても柚希礼音』ですからね。

でもその柚希礼音を見に劇場に来る人もいるわけで宝塚とはそういうところなのかなとか。

よくわかりませんが、でもせっかく『役者』北翔さんのもとで勉強できるのですからこの辺り吸収してくれたらもうスーパーマンです、怖いものなし。今後の公演に期待したいと思います。

 

羽根を背負った

びっくりしましたね。まさか羽根を背負って出てくるとは。

いや、スカステの稽古場映像でたぶん3番手ポジだろうし全ツなのでひょっとしてという感覚はありましたが、まさか実現するとは。正直見た瞬間涙が出ましたよ。

まあ次の大劇場ではどうなるかわかりませんがそれはどうでもいいでしょう。

今回羽根を背負った礼真琴をこの目で見れた、それだけで感激です。

 

95期 ことふう

夢アモールの場面でことふうのデュエットが見れたこともうれしかった。風ちゃんがトップになってこれからはそうは無いでしょうからね。

それからフィナーレで羽根を背負ったことちゃんと風ちゃんがお互いを見てニコッとお辞儀する場面も微笑ましかった。これはこれからももしかしたら実現するかもしれませんね。

 

次回の女役を想う

男役 礼真琴をしっかり見れた。そして男役をほんとうに楽しそうに演じることちゃん。

しかし次回は女役。

正直どうなの?と思います。

ことちゃん本人はどう思っているのか。「与えられた役を全力でやる」と何かにコメントしていた、その通りだけれど。

ファンとしてはどんな役でも頑張っている礼真琴を応援する、それしかないですね。

 

さてこの公演は7月5日まで。どのように進化していくのか楽しみです。

Sponsords Link

関連記事

o0640048012798906058

宝塚音楽学校95期文化祭 礼真琴

ちょっと気になりまして宝塚音楽学校95期文化祭について調べました。 我らが贔屓、ことちゃん(礼真琴

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

20190412
星組『GOD OF STARS-食聖-』 稽古場情報 プロローグは西遊記

  星組『GOD OF STARS-食聖-』 稽古場情

19003835_p
アンナ・カレーニナ 韓国ミュージカル ブルースクエアで観劇

  韓国ソウルのブルースクエアでアンナ・カレーニナを観

20190412
星組『GOD OF STARS-食聖-』人物相関図 ことちゃんとひっとんの関係は?

  星組『GOD OF STARS-食聖-』の人物相関

20190220
星組全国ツアー アルジェの男 稽古場風景

  星組全国ツアー アルジェの男 稽古場風景がスカイス

20190313
星組次期トップに礼真琴、トップ娘役に舞空瞳 プレお披露目公演はロックオペラ モーツァルト

  ことちゃん(礼真琴)ファンにとっては今日2019年

→もっと見る

  • トップ就任まで
    あと 108 日 22 時間 5 分 37 秒

  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑