*

星組バウホール公演 鈴蘭(ルミュゲ) 初日を観劇しました

公開日: : ブログ記事, 出演舞台

星組バウホール公演 鈴蘭(ルミュゲ) 初日を観劇しました。

 

我らが贔屓、礼さん(礼真琴)の2回目のバウ主演作品。

演出家も新人の先生ということでどんな作品になるのかとても楽しみでした。

明日以降観劇されるかたのためにもネタばれしないように全体的な感想を書きたいと思います。若干はネタバレになるかも。

 

この公演を今日観劇した感想を一言で言うなら

まずは礼真琴ファンとしての感想は

礼真琴を堪能できるファン待望の作品だった

なんといっても舞台に出ている時間が長い、というかほとんど出ずっぱりです。

これ、かもめをご覧になったファンの方なら、素直に同じような感想になるんじゃないでしょうか。

作品がいいとか悪いとかいう前に、かもめは出番が主演にしては少なすぎた。もちろん原作を変える事はできなかったのでしょうが、ちょっとファンとしてはそういう意味では消化不良な部分がありました。

しかし鈴蘭はオープニングからエンディングまでこれでもかってぐらい出てきます。

 

そして歌が多い。

メロディもいい曲が多いですしますます歌に磨きがかかって礼真琴の歌を堪能できます。

さらに今回のヒロインのきほちゃんがこれまた歌がうまい。やや懸念していたきほちゃんの「やり過ぎ」感もなく、歌、芝居ともとても自然だったのでよかった。

二人のデュエットもいくつかありますが聴いていて本当に心地いいです。

 

そして今回はフィナーレ付きです。

ことちゃんファンはこのフィナーレだけでも通えます。

ことちゃん、一人で踊り狂います。

この振付がかもめを思い出させるような見たことない不思議な感じです。

ことちゃんしか踊れなさそうな振付です。

超高速ターンもあります。

もう見ていてにやけますよ、あのキレッキレのダンスは。

素晴らしい。

かもめは取ってつけたような感じも若干ありましたが今回は違います。

それでこの時の衣装がばっちり似合っていて、あの黒髪ロン毛ですからね、もうかっこいいの一言です、はい。

 

作品としての感想は

とにかくとても後味のよい作品です。

見に来て良かったなあと幸せな気持ちで帰れる作品です。

芝居そのものは面白くてしょうがないわけでもなく、悲しくて涙腺崩壊するわけでもなく、淡々と話しが進んでいく感じで、拍手する場面もなく、若干退屈なところもあります。

かといって全然面白くないかというとそんなことはなく、次どうなるんだろうってだんだん引き込まれていきます。ただ単なるサスペンス、犯人探しがテーマでは全然ないです。

プログラムにもありますが「ファンタジー」がテーマになっているのですが、まさにそんな感じです。

なんとも表現しずらいですが、終わってみて「ファンタジー」を感じました。

サスペンスではないです。そういう目で見るとちょっと違和感があるかもしれません。

 

そして何より後味の良さの要因はエンディングですね。

全てはエンディングです。

まさに宝塚歌劇らしい終わり方です。僕はこういうのが好きなので。

え?そうなるの?って感じなのですがいいんです、それで。

これ以上は言えませんがぜひ劇場で体感していただければと思います。

 

ということでことちゃん2回目のバウ主演作、鈴蘭はファンとしては大満足の公演でした。

ファンの方もそうでない方もぜひご自分の目で鈴蘭のファンタジーの世界をご覧になってみてください。

 

そういえば、ちえさんが観劇に来られてました。相変わらずかっこいいけど、ちょっとかわいく(女性らしく)なっていました。

2回目のカーテンコールでちえさん自ら率先してスタンディングして目一杯拍手されていました。

ちえさんが立ってはみんな立たないわけにはいかないでしょう。はい、劇場全員が総立ちです。盛り上がったなあ。

ことちゃんはじめ組子みんな嬉しかったでしょうね。

ことちゃんの挨拶でも「(ちえさんが来られて)初日の緊張感プラスアルファで、、、もう何も怖くありません。明日からも頑張りま」みたいなことを言ってました。

 

Sponsords Link

関連記事

no image

スカステ 星組94期以心伝心

スカイステージ 星組94期の以心伝心。   このメンバーなら新人公演の話になり

記事を読む

Sponsords Link

Comment

  1. ゆり より:

    はじめまして。

    お気に入り登録して、いつも楽しく興味深く読ませていただいています。ご挨拶が遅くなって申し訳ありません。

    ロミジュリの愛の役を見てから、こっさんの大ファンになった者です(もともと星組びいきです)
    一昨年息子が生まれてから、なかなか観劇できておらず、ましてや遠征は難しいので、ブログでの記事を拝見して、なんだかうれしくなってしまいました。胸アツです。本当にありがとうございます。

    日比谷勤務で、毎日劇場から徒歩数分のところで働いているにも関わらず、なかなかこっちゃんの姿を見れないのでさみしいですが、こちらのブログを見て、こっちゃんの頑張る姿を想像してパワーをもらおうと思います。ありがとうございます!

    • cotocoto より:

      ゆりさん
      コメントありがとうございます。
      そしていつもご覧いただきましてありがとうございます。
      日比谷勤務とは羨ましいです。
      でもお子さんが小さいとなかなか観劇は難しいですね。
      このブログが少しでも生活へのパワーになれば幸いでございます^o^
      ことちゃん、本当にどんどん成長してますよ!

  2. ちえことふぁん より:

    初日観劇なさったのですね!うらやましい!
    ちえちゃん、初日に来るなんて、優しいですよね!ことちゃん、どんなにかうれしかったことでしょう。
    ことちゃんの歌と踊りを満喫できる舞台、最高じゃないですか!それが一番です!

    ちえちゃんが率先して立ち上がってくれたとのことですが、それがなかったら、スタンディングオベーションにならなかった雰囲気だったのですか? だったらちょっと残念。

    • cotocoto より:

      そうなんです。開演前にみんなが「キャー」って叫んだので「誰かジェンヌさん観劇かな」って思って横を見るとちえさんがニコニコして歩いてきました。僕、通路側の席だったのですよ。もうびっくり。相変わらずスターオーラ全開でした。
      会場の雰囲気はチラホラ立ち始めてはいました。そこにちえさんが立ったもんですから、一気に全員総立ちとなりました。たぶん自然にスタンディングオベーションにはなったと思いますが、ちえさんのおかげで大盛り上がりでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

2018coto
霧深きエルベのほとり キャストボイス 礼真琴

  霧深きエルベのほとり キャストボイス &nb

2018coto
ことちゃん(礼真琴)お誕生日おめでとう!!

  ことちゃん(礼真琴)お誕生日おめでとう!!

2018coto
演出家 中村暁が語る スーパー・レビュー『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』の見どころ

演出家 中村暁が語る スーパー・レビュー『ESTRELLAS(エストレ

2018coto
2019年 公演ラインアップ【全国ツアー公演】<2019年5月・星組『アルジェの男』『ESTRELLAS ~星たち~』> 主演 礼真琴

  さていよいよ全国ツアーの主演にことちゃん(礼真琴)

2018coto
宝塚の至宝 礼真琴 だけど、、、

  星組台湾公演も無事終わってことちゃん(礼真琴)の次

→もっと見る

  • 星組全国ツアー初日まで
    あと 141 日 9 時間 11 分 53 秒

  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑