*

星組バウホール公演 鈴蘭(ルミュゲ) 1/28 W観劇

公開日: : ブログ記事, 出演舞台

 

星組バウホール公演 鈴蘭(ルミュゲ) 1/28 11時と14時30のW観劇してきました。

 

大満足です。

 

初日に観劇して以来の2回目、3回目となります。

1回目の観劇後の感想では贔屓のことちゃん(礼真琴)そのものの歌やダンスなどパフォーマンスには大満足したものの、演目のストーリーや脚本には不満だったことを書きました。

こちら

 

しかしながら今回の観劇でその感想、評価は全く変わりました。

初日の観劇で一番不満だった『主演二人の書き込み不足による二人に感情移入できない』点ですが今回は二人とも心情の動きがよく感じることができ、そこが一番よかったです。

やはり感情移入できると芝居に集中できて楽しいですよね。

まずは演出、脚本の樫畑先生にお詫びをしたいと思います。

 

そして二人の心情の動きがよく見えたことにより、この物語のテーマである「リュシアンが真相究明しながらいろいろな体験をする中で成長していく』という部分を感じることができました。

過去を消すことはできないので過去の想い出はそのままに、新しい未来に向かって進んでいく。

具体的にはリュシアンは初恋の人シャルロットとの想い出はそのままに(ガルニール公国に置いていく)エマという新しい人と新しい未来に向かって進んでいくということだと思います。

その流れがとても自然にそして緻密に描かれた作品なのではないでしょうか。

 

そこで一番のポイントはどの段階でリュシアンはエマに心を惹かれ、『同志』から『恋』へ変わったのか。またエマも同様です。

 

まずリュシアンが城内を探りに行ってエマと出会うプチシャペルの場面。

ここではリュシアンは自分の素性やシャルロットに関する真相を探っていることをエマに明かす。

「現実から逃げていてはいけない」

「このことは誰にも言わないで」

同志としての間柄になっていきます。

医師リオネルの家に一緒に行こうってエマは言いますが、まだお互いの恋心は芽生えてはいない。

 

次はリオネルの家の帰り道。夕暮れの街。

リュシアン

「ずるいなあ、君には13年分のシャルロットとの思い出があって」

シャルロットへの思いを言います。

しかしシャルロットがガルニールでの生活が幸せだったことをエマから聞き、シャルロットが幸せに眠っているなら『つれて帰るのを諦めるか』となります。

この時点でシャルロットへの思いは一旦くぎりをつけています。

そしてエマにシャルロットの面影を見つけます。

それは継承権を辞退するのをやめて戦っていこうと気持ちを変えたエマに、13年前のシャルロットをダブらせて、エマそのものに惹かれていったのだと思います。

この段階ですでに少しずつエマに恋心が芽生えているのではないでしょうか。

 

そして2幕のプチシャペル。

次の段取りのためにエマやエルネストを集めたリュシアン。

つい寝てしまってうなされるリュシアンの顔にそっと手をあてるエマが、みんながやってきたのに気づき、すっと恥ずかしそうに手を引っ込めるしぐさがあります。

そのしぐさにエマがリュシアンに恋心を芽生えさせたのがわかります。

リュシアンも「いざとなったら守ってやる」

さらには一人舞台に残り「守るか」と言います。

これは完全にエマのことを大切な人と意識しています。

 

このように場面を追うごとにリュシアンとエマの距離が近づいていくのがよくわかります。

ただし歌の歌詞にもあるように、また、先に書いた物語のテーマでもあるように、シャルロットへの思いは消すのではなくそれは思い出として残し区切りをつけた上でということだと思います。

 

僕の萌えポイントは

最後のデュエットのそのまた最後で

♪手を取り合い~

からのリュシアンがエマを『グイッと』引き寄せ

♪ともに~ と歌うところです。

この『グイッと』引き方が結構強引ですよね。力強い。

今回ツイッターでも『Sのことちゃん』の評価が高いですが、ここもその一場面ではないでしょうか。

それにしっかりと寄り添うきほちゃんもまた可愛い。

そして初めの演出では無かったという『キス』につながり幕が降ります。

このベタないかにも宝塚らしいエンディングが最高によいです。

 

次はこれまた最後デュエットにつながる場面。

エマが「何もこんなところで言わなくても、、、」から始まる二人のイチャイチャ。

そしてエマが「さっき言ったこと、本当?」って言うんですが、リュシアンが「何のこと?」ってそっけない。じらしてる。

でもデレデレしちゃってるし。

エマはエマでいじらしいし。

もう好きにしてくださいって感じ。
それから例の「いざとなれば、、、守ってやる」からのリュシアンがひとり舞台に残り言う台詞「守るか」これもいいですね。

表情がいい。

かっこいいし、ことちゃん一人前の男役になったなあとしみじみ思いました。

 

一方、脚本に関してはいくつか疑問点もまだありますがそれはまた今度書きたいと思います。

 

さて鈴蘭(ルミュゲ)ももうすぐ千秋楽ですね。

短いとは思っていましたが本当にあっという間です。

千秋楽には参加できませんがみなさんがますます進化できますように、そして無事に千秋楽の幕が降りますように祈っております。

 

 

Sponsords Link

関連記事

20150610sukasuteZentu1

星組全ツ 稽古場映像 礼真琴

待ちに待った星組全国ツアーの稽古場映像がスカステで流れました。   お芝居の大海賊

記事を読む

Sponsords Link

Comment

  1. ゆみこ より:

    私も28日、11時観ました!紅5ご観劇でしたね。こちらで予習させていただいてから観たので、更に楽しめました。
    確かに、「二人の書き込み不足」らしき感ありました。
    一回目観ただけでは、難しいですね。
    琴チャンの衣装は、見なあかん、オペラで顔を見なあかん、普段あまり目に触れない下級生、あのこ綺麗ね!誰だ、誰だ、、、なんて追っかけていたら、忙しすぎて(笑)
    いつも、的確で楽しいコメントありがとうございます。これからも楽しませていただきます。

    • cotocoto より:

      ゆみこさん、コメントありがとうございます。
      このブログが少しでも観劇の参考になり嬉しいです。
      そうですね、1回目と2回目では全然印象が違いましたから、できれば複数回見たいところですがなかなかそうはいきませんよね。
      それにおっしゃるように、舞台が狭いだけに下級生まで見えてしまうので余計に目が忙しいですよね。わかります。
      もう今日で終ってしまうのが寂しいですが、ことちゃん、いい演目に恵まれたと思います。

  2. ちえことふぁん より:

    私は最後の方にまとめて見てきましたが、たしかに一回で主人公とヒロインのロマンスの経緯が分かりづらい脚本だと思いましたが、これは演じ片でずいぶん補って良くなったのでしょうね。
    ただ、ヴィクトルだけが子供の頃から現在まで、感情移入可能なレベルまで念入りに描かれているって、やっぱり脚本の重点の置き方は間違ってない?とは思ってしまいました。

    でも、そんなことどうでも良くなるすばらしさでした。ことちゃんと希帆ちゃんのうっとり聞き惚れてしまう歌声、そしてことちゃんのすばらしすぎるソロダンス!

    そして私はちょっとしたことちゃんの仕草や表情にちえさんを見出して、ニマニマしてしまいました。

    東上してほしいです、是非!!

    • cotocoto より:

      いつもコメントをありがとうございます。
      そうなんです、結局脚本なんて最後はどうでもいいんですね。あの二人の歌を聞けただけでも十分でした。
      おっしゃる通り、僕も今回一番ちえさんを連想しました。本当にDNAを受け継いでいますよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

2018coto
霧深きエルベのほとり キャストボイス 礼真琴

  霧深きエルベのほとり キャストボイス &nb

2018coto
ことちゃん(礼真琴)お誕生日おめでとう!!

  ことちゃん(礼真琴)お誕生日おめでとう!!

2018coto
演出家 中村暁が語る スーパー・レビュー『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』の見どころ

演出家 中村暁が語る スーパー・レビュー『ESTRELLAS(エストレ

2018coto
2019年 公演ラインアップ【全国ツアー公演】<2019年5月・星組『アルジェの男』『ESTRELLAS ~星たち~』> 主演 礼真琴

  さていよいよ全国ツアーの主演にことちゃん(礼真琴)

2018coto
宝塚の至宝 礼真琴 だけど、、、

  星組台湾公演も無事終わってことちゃん(礼真琴)の次

→もっと見る

  • 星組全国ツアー初日まで
    あと 141 日 8 時間 37 分 30 秒

  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑